宮城・仙台 【売れる不動産作り】 募集図面で分る!?信頼度の高い不動産業者とは?




ひと昔前の完全アナログ時代の苦労話でこんな話があります。

不動産の【募集図面・ファクトシート】を作るために、文字を切り貼りして、まるで昔刑事ドラマで見た文章みたいな作りの図面になっちゃった、と言うのがありました。

もはや笑い話ですね。


時代は変わり今ではある程度の知識があればPCを使って、テンプレート(定型ひな形)を使って自分で【募集図面・ファクトシート】が作れます。


皆さんご存じのアットホーム、みたいな広告屋さんに図面の作成を依頼する事も出来ます。

不動産を売却もしくは賃貸するために、【募集図面・ファクトシート】は必須です。

当然の事ながらアピールポイントを中心に記載する事になりますが、法律や自主規制の縛りがあります。

「むやみやたりに自由に言葉を使えない」と言う事もはあまり知られていない事実です。

「最高」「レア」「お買い得」  こういうのが代表的なNGワードです(笑

さて、
では例えば中古住宅を購入検討しているがどんな事を重視するか、これは実は地域性も影響するし、勿論築年や条件等様々な要素があります。これを正確にアピール出来るか出来ないかでより多くの人に「検討」してもらえる事になります。
当然ですが、多くの人に検討してもらう事は「より良い条件で売却を成功」させる大事な要素です。


同業他社さんの図面を例に使うのは心苦しい部分もあるのですが特定可能な要素は全て白塗りしております。

どうでしょう。

この物件、小さく築年が書いてありますが、2021年6月の建物で、ほぼ新築のような建物です。


驚きですね。


これは実際に仙台の不動産業者さんがアットホームに有料で紙媒体の販売図面配布がされたものですので、当窓口で勝手に創作したものではありません。

(2022年7月に実際に配布されています)


こういうあまり極端な例を持ち出す事に意味はないとは思いますが、とはいえ、「あなた」が依頼した不動産会社がこんな販売図面で売却活動をしていたらと想像してください。


この建物、実物は綺麗でピッカピカでしょうから、いずれ売却は出来るのでしょう。家を探している方は夜中でも何でも気になったら現地に行って実物を外からでもすぐに見に行きます。


しかし、多くの人が興味を持ち「検討」するかは別問題です。出来る限りパイを広げ、多くの人に見てもらうのがより良い条件で不動産売却を成功させる一番大事な要素と言っても良いと思います。



実は中古住宅の販売の場合は、売却されるお客様のリクエストで写真を載せない(もしくは非常に少なく)ケースも多いので、一瞬のインパクトで今日も持ってもらうのは難しい事もあります。


それにしても売買金額はともかく不動産売却を依頼を受け販売をしようとしているのあれば、一定の工夫をするべきです。



とはいえ・・・

実は不動産の広告は非常にあれこれ難しく、例えばこの実例に出した中古戸建てですがいずれは成約はするでしょう。成約したら、当然もう販売活動が出来ません。使いまわしの出来ない一回きりの広告です。


自前でデザインや販売図面の作成が出来ない場合は一切を外部発注しなければなりません。つまりお金がかかります。それがイヤだから、こんなお粗末な販売図面になってしまった、と言うのが実情でしょう。


ただし、自前で図面作成を行わない不動産業者も意外と多いです。大きく分けて2つです。


①不動産業者間の取引しかしないから図面が不要な場合

②一般のお客様からほとんど依頼が無い場合

③時代に取り残されたお年寄りの不動産屋さん


①は本当によくある事で不動産会社と言っても本当にやっている種類は様々で、「太陽光発電専門」みたいな不動産業者もあります。


問題の②と③ですが、年に1回、2回しか売却の依頼を受けない不動産会社の場合、募集図面は自前では作らないでしょう。そんな不動産会社の経営が成り立っているのはそのほとんどが、不動産”管理”による売り上げがあるからですが、一般の方はそんな裏側はわかりませんから、知らずに不動産の売却を依頼する事もあるでしょう。出てきた販売図面がアレではガッカリですね。


当窓口で作成している図面も見て頂かないとフェアではないので、最後に当窓口作成による募集図面もご覧頂きたいと思います。

同じように写真ナシ(ほぼ)の間取りをチョイスしてみました。




テナントの募集図面です。

(2022年10月14日 現在実際に太白区八木山南で賃貸募集中の物件です)



こちらは新築物件の販売図面です。物件が建築前ですので、写真が実際にありません。

(2022年10月14日 現在実際に販売中の物件です)



感性はそれぞれですが、あまりも奇抜だったり、デザイン性が優先されすぎて必要な情報がわかりにくいのも問題です。オシャレ過ぎる図面で実物とかけ離れた内容でも問題ですね。


不動産会社さんは、仙台でさえコンビニの数と同じくらい存在します。

一人二人で営業している不動産業者も多いので、こだわりの図面を作成出来る業者は多くありません。



実は不動産の売却は難しくはありません。
難しいのは「相場より高く、通常より良い条件で売る」 ”これが難しい”のです。
賢く、お得に不動産売却を成功可能な不動産業者はそこまで多くはありません。
当窓口のように情報をオープンにし、一つ一つ丁寧に仕事をしてる不動産業者にご相談下さい。

売れる不動産作り。色々とご提案します。一緒に考えます。



「知人に紹介されたから」とか「一括査定なら安心」とか安易に不動産会社を選択しては損します。

よくある「一括査定」を当窓口は推奨しませんし当窓口は一括査定を行っておりません。


大事な事は不動産の価値を正しく知る事です。 

高齢化のピークは、ある調査によると2054年らしいですが、今も「相続」なさるケースがかなり多いです。東京など宮城・仙台にお住まいで無い方が相続される事もだいぶ増えています。
土地勘のない方に対しても丁寧なご説明をし査定金額のご提示をお約束します。建物が付いている場合の査定についても多くご相談頂いておりますのでご安心下さい。

弊社は宮城県仙台市・多賀城市・富谷市を中心に、不動産仲介をおこなっています。 相続不動産の売却についても、確かな経験と知識でサポートいたします。 そのほかにも不動産について何かお悩みがあれば、ご遠慮なくお問い合わせください。

筆者プロフィール  ||  笠原 紀久夫 
 宅地建物取引士 / マンション管理士 / 賃貸不動産経営管理士 /ほか不動産系資格多数 

 宮城県仙台市 在住歴 40数年
『宮城・仙台が好き過ぎる宅地建物取引士』として「仙台の不動産そうだん窓口」で多数の案件のご相談に係わっています。

※各種メディアにもご協力しております。執筆・取材のご依頼もお気軽に!
―  写真は仙台市民に最も愛されている山「泉ヶ岳にて」―

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120645777

営業時間
09:30-18:30
定休日
水曜日&(第三火曜日)

関連記事

売却査定

お問い合わせ