山の売却って実際出来るもの? 原野は? 田・畑は??わからなーい!!



「土地」には公に登録されている種類がありまして、それが地目です。

でも山だと思ったら地目は「山林」でなかった。

見た目でわからない事も多いので、こういう話はよくある事です。

不動産の土地の地目の種類は以下の項目がよくあるものです。

田・畑・宅地・鉱泉地・池沼・山林・牧場・原野・水道用地・用悪水路・ため池・堤・保安林・公衆用道路・公園・雑種地

他にも塩田だったり井溝などがあります。

「山林だと思って売却しようとしたら保安林だった。」

とか、

「地目は山林だったけどよく見たら水道用地が含まれていた。」

とか、広大な土地であればあるほど厄介で面倒な事が多いです。不動産を買う側からしたら、自分が購入する目的がしっかり達せられるかが大事な点ですから、その土地がどういう土地であるかは大事な点です。

さて、
「土地を相続したのはいいけど山だし・・・売れるのかな」
これが良くあるご相談の一つですが、大切なポイントは割とシンプルで、

①公(おおやけ)に供されている土地が含まれているか
②調整区域がどうか
③水源地が含まれているかどうか

です。いかがでしょうか?

”これ以外の土地”なら「何かと使える土地」と言う場合が多いです。宮城県内でも周りがおうちが並んでいるような場所のすぐ隣が一般の方が所有している「山林」と言うケースが今もあります。

そう、「街中の山なら欲しい人多いです」
先日当窓口にご相談にいらした方も「地下鉄富沢駅」からすぐそばの地目「畑」をお持ちの方でしたが、すぐに良いお値段で売却成約頂きました。

でも実際に相談にこられるかたのほとんどが、だーいぶ郊外の山をお持ちの方ので相談です。

なかなか難しい場合が多いですが、今はやりのキャンプ好きの方が自分のキャンプ場を作るために購入、と言うケースもありますし、木材調達用に購入、なんて話も聞きますので全く無理ではないです。

今日偶然に行った定食屋の主人も、暖炉用のマキが欲しくて「宮城県角田市」にある1000坪ほどの山を買ったと言ってました。
(実際には何年か前にあった丸森の大洪水でだいぶ木が流されたようですが)

勿論、太陽光パネル設置や、風力発電用地として売れる場合もあります。

当窓口にも太陽光発電について相談できるスタッフもおりますのでそういったご相談もお気軽にどうぞ。

まずは調査が肝心です。当窓口では無料で調査を行いますのでお気軽にご相談下さい。

ネットであれこれ調べるようになったとは言え、不動産はかなり専門的な職種でありわかりにくい事だかけです。的確なアドバイスが可能な不動産業者意外と多くないものです。

「山林」などの固定資産税は住宅用地と比べればだいぶ安いですが、持ってれば永久に支払い続けなければなりません。処分可能なのであればお得に処分したいですよね。

大事な事は不動産の価値を正しく知る事です。 弊社は宮城県仙台市・多賀城市・富谷市を中心に、不動産仲介をおこなっています。 相続不動産の売却についても、確かな経験と知識でサポートいたします。 そのほかにも不動産について何かお悩みがあれば、ご遠慮なくお問い合わせください。


筆者プロフィール  ||  笠原 紀久夫 
 宅地建物取引士 / マンション管理士 / 賃貸不動産経営管理士 /ほか不動産系資格多数 

 宮城県仙台市 在住歴 40数年
『宮城・仙台が好き過ぎる宅地建物取引士』として「仙台の不動産そうだん窓口」で多数の案件のご相談に係わっています。

※各種メディアにもご協力しております。執筆・取材のご依頼もお気軽に!
―  写真は仙台市民に最も愛されている山「泉ヶ岳にて」―

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120645777

営業時間
09:30-18:30
定休日
水曜日&(第三火曜日)

関連記事

売却査定

お問い合わせ