[仙台市青葉区中山]編 不動産売却の査定相場を知ろう【土地 建物 査定】2023年版


|| 団地とは ― 住宅を計画的、集団的に建てた区域の事  ||

このシリーズでは「団地相場」と銘打ってますが、計画的ではない住宅地も仙台近郊には多くありますので住宅街についても併せてご紹介いたします。

今回取り上げるのは青葉区「中山」です。中山と付く地域は他にも、中山吉成や中山台が青葉区内にはありますが、今回は中山1丁目~9丁目までを取り上げていきます。泉区にも北中山、西中山、南中山、中山吉成とあり、非常にわかりずらいですね。

筆者もつい最近まで知りませんでしたがこの中山、非常に地域を盛り上げようとしている方の多い町なのか、情報発信も多くされているようで、こういった活動は毎日を楽しくさせますね。

中山商店の【​中山地域情報サイト | なかやま商店街】nakayaman.com

仙台ご出身のモデル/リポーター/MC「渡辺花」さんを起用するなど本気度をビシバシ感じました。

さて、
中山の町そのものは古くからありましたが、本格的な住宅の造成がスタートし、人口が一気に増えたのは1960年後半からです。勾配の取り方を含み土地の作り方・道路の作り方を見て何か一体感の無さを感じるのは、町全部が少しづつ小規模な開発による作り方をされたからのようです。

こういう町はどうしても不動産の形に個体差が出やすく、つまり同じ「中山」の住所エリアでも価格に差が出やすいと言う事です。

さて、

前段が長くなりましたがまずは公示価格(基準値含む)を見ていきましょう。

中山4丁目6-12   23万6033円/坪
中山9丁目8-3   22万4793円/坪

広めの中山ですが、公示価格は2か所のみの発表です。
上記4丁目は、「ウェルシア中山店」や、「ローソン中山店」から直線距離で200メートルほどの距離です。9丁目の方は「ダイシン 長命ヶ丘店」の東側100メートルほどの地点です。

参考に西勝山の公示価格も見てみましょう。

西勝山25-6  22万3471円/坪

どうでしょうか。

この中山4丁目のバブル期のピークで坪41万円ほどで、底値だった2012年頃は坪15万ほどでした。東日本大震災後に価格が上昇を続けているとは言え、坪40万まで行くことは今後あるでしょうか。










さて、実勢価格はどうなっているでしょうか。

坪30万を超える取引は結構見られますが、35万円を超える取引はなく、下は坪9万円台の取引もみられました。差がありますね。
当窓口でも何度かこのエリアのお取引にかかわっていますが、擁壁の組み方が今の基準に合わない土地が多く、その分は金額が引かれて坪10万円台にしかならないケースが非常に多いです。道路幅が狭いわりに車の交通量が多い地点も多いのでなかなか金額は上がらないでしょうね・・・。

キレイな更地の状態ですと坪25万~30万は十分に見込めますが、一般の方が所有している場合は古屋が乗っている場合が多いでしょうからそこをうまく売却につなげられるか・・・でしょう。
初めから低めの金額設定をしてしまうと大きく値引き交渉が入るのが目に見えています。

2022年12月現在、土地の売り出しの数がなかなか多く出ています。
買う側はより良い条件を選べるので良い事ですが、売れ残ってしまうと価格競争になり高値での売却が難しくなります。売り出しのタイミングは本当に難しいですね。



参考に、隣接町の中山1丁目の公示価格を見ていきましょう。

荒巻本沢2-4-5  35万0413円/坪

幸楽苑やダイソーのすぐそばの地点です。
1丁目や2丁目の下の方(北山駅に近いエリア)は参考にしてよいでしょう。


最初にご紹介した通り1960年台後半の分譲開始後50年以上が経過し、初期に不動産を求めた方の相続が最近は増えてきています。非常に取引数は多いです。同居していない方の相続が多く、古屋付の場合が多いのが特徴ですね。勿論!ですが、当窓口でも古屋付の土地・建物の売買も得意ですのでお気軽にご相談下さいね。


さて、
この記事をお読みになられる方は、青葉区中山エリアに不動産をお持ちだったり、相続する可能性があるなど何かしらの縁がおありの方かと思います。

不動産のプロが見るのは、主に実取引価格、将来性や地域性、傾向などですが一般の方は「一部のデータを拾う事」しか出来ないかと思いますので、当ブログでも何度も記事化している実勢価格(実取引額)がわからないかと思います。ぜひ参考になさって頂いて賢く・お得に不動産売却を成功させて下さい。

不動産はオンリーワンのモノで世界に一つしかありません。個体差より金額は微増減しますし、面積や道路付けにより実勢価格がそのまま当てはまらない事の方が多いです。

実勢価格がいかにデータとして出ているとしても、3年前のデータでは「参考」にしかなりませんし、道路を挟んだ向かいの土地の値段を単純にそこから算出は出来ません。


大事な事は不動産の価値を正しく知る事です。 
高齢化のピークは、2050年台とまだまだ先らしいですが、最近も「相続」のご相談がかなり多くなっております。仙台に土地勘の無い方が相続される事もだいぶ増えています。

実は不動産の売却は難しくはありません。
難しいのは「相場より高く、通常より良い条件で売る」 ”これが難しい”のです。
賢く、お得に不動産売却を成功可能な不動産業者はそこまで多くはありません。
当窓口のように情報をオープンにしている不動産業者にご相談下さい。紹介されたから、とか「一括査定なら安心」とか安易に選択しては損します。


当窓口は一括査定を推奨しませんし当窓口は行っておりません。

弊社は宮城県仙台市・多賀城市・富谷市・名取市を中心に、不動産仲介をおこなっています。 相続不動産の売却についても、確かな経験と知識でサポートいたします。 そのほかにも不動産について何かお悩みがあれば、ご遠慮なくお問い合わせください。

筆者プロフィール  ||  笠原 紀久夫 
 宅地建物取引士 / マンション管理士 / 賃貸不動産経営管理士 /ほか不動産系資格多数 

 宮城県仙台市 在住歴 40数年
『宮城・仙台が好き過ぎる宅地建物取引士』として「仙台の不動産そうだん窓口」で多数の案件のご相談・お取引に係わっています。

※各種メディアにもご協力しております。執筆・取材のご依頼もお気軽に!
―  写真は仙台市民に最も愛されている山「泉ヶ岳にて」―

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120645777

営業時間
09:30-18:30
定休日
水曜日&(第三火曜日)

関連記事

売却査定

お問い合わせ