現在駐車場の土地を売却したい! 実際にあった事例を基に流れや諸費用を解説!




代々受け継いできた土地をお持ちのKさんでしたが、自身がだいぶ高齢になってきたこと。
そしてご子息が、「仙台には一生帰らず、ずっと関東に住む」宣言をした事がきっかけて守ってきた土地を売却する事に。

お持ちの土地は、現在Kさんがお住まいの土地に隣接したおよそ200坪。駐車場として賃貸していました。(当窓口で駐車場を管理しておりました)

付近の土地はここ数年一気に様変わりし、土地の価格相場もあがっていました。
少しでも高く売って「孫ちゃんにお小遣いを」と言うKさんの言葉もあり、相場の3割程度は高い金額で販売をスタートする事になりました。

仙台市内でも爆上がりしているエリアも多いですが、今回のご相談頂いた土地は地下鉄東西線「薬師堂駅」から徒歩9分の好立地で、まさに爆上がり中のど真ん中の土地でした。ひと頃なら坪30~35万円程度と言われたでしょうが今なら坪60~70万円も見込める土地です。
土地を高く売るためにはドカンと構えて売り急がない事。そんな心構えの話なんかも当窓口ではオープンに色々と話をします。

3カ月以内には売却が見込めそうだったため、早急に土地の測量も依頼しました。
だいぶ昔からお持ちの土地だったため、正確な測量がなく、さらにお隣さんとの境界もはっきりしませんでした。
道路所有者である仙台市も交えた正式な「境界立会を行う確定測量」を行いましたが、少し安くしてもらっておよそ40万円(プラス消費税)でした。


駐車場として賃貸していた方にも最初の案内を出したのもこの時期、つまり販売開始直後です。
通常は駐車場の賃貸解約は居住用のアパートなどど違い難しくないため、1カ月前の予告で済ませる不動産業者も多いですが、次を探したりするためにも早めに連絡するのが「思いやり」です。
正式な案内は「売買契約締結後」にお知らせするという話までは事前に通知しました。基本的に全て当窓口で代行し書類の作成から説明も含めて行いますので大家さんの負担はほとんどありません。

駐車場はいわゆる砂利駐車場でしたが、大きめのブロック石などが少しありましたので全て除去しました。砂利など小さなものはあまり関係ありませんが、大きな庭石のような石は取り除いた方が良いです。

ほどんど処理代はかかりませんでしたので当窓口でサービスで処理を行いました。

その後1カ月ほどして、アパートを建てたいという東京本社の会社さんから購入の申し込みがありました。値引きなし、見事ウレシイ満額での成約となりました。


登記費用は通常購入者がお支払いしますので、所有者さんであるKさんが支払ったお金は

測量代金の40万円(+税)
仲介手数料(売買代金の3%+消費税)
契約時の印紙代金6万円(売買代金が大きいと印紙代金も高くなります)

と言うわけで売買代金から支払ってもだいぶお金が残りました。


で、終わらないのが大事なところで、土地売却し譲渡益が出てますので『今回の売買代金』から、『数十年前に買った時からの経費等』を引いた金額に対して「復興特別所得税を含んだ20.315%の税金」を払う事になります。
相続をされた方が、相続して間もないから短期譲渡になるのではないかと勘違いされているかも多いですが、普通に被相続人さんが5年以上お持ちだった不動産は短期にはなりませんので、いつ売却しても税金はさほどかわりません。
とは言え、税金は色々な優遇制度がありますので、うまく賢く使いたいものですよね。
当窓口でのご相談も可能ですし、税理士や会計士を交えたご相談も可能なのが当窓口の特徴ですので、お気軽に当窓口にご相談下さいね。

一般的な売却についての記事も多く書いておりますので一部ご紹介いたします。


当窓口のようなオープンな不動産会社さんは意外と少ないものです。価格も含めて納得感のある情報をご提示します。

大事な事は不動産の価値を正しく知る事です。 弊社は宮城県仙台市・多賀城市・富谷市を中心に、不動産仲介をおこなっています。 不動産の売却・賃貸について確かな経験と知識でサポートいたします。 そのほかにも不動産について何かお悩みがあれば、ご遠慮なくお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120645777

営業時間
09:30-18:30
定休日
水曜日&(第三火曜日)

関連記事

売却査定

お問い合わせ